断易占いやおみくじはよく当たる占いなのかを調査

断易占い・おみくじを調査

断易占いやおみくじは、ともに古代から伝わる占いです。

歴史が長いぶん信頼性が高いと評判があります。

特に断易占いは、理論的な裏付けがあるので、より結果が腑に落ちやすいかもしれません。

的確な結果を求める人は利用してみるのもいいでしょう。

しかし、運命を動かすことができるのは自分自身だけ。

これらは、どう行動すべきかの選択肢を与えてくれるツールの1つとして利用するようにしましょう。

[断易占い]について知らない人のための情報

断易占いとは
断易(だんえき)占いは、木火土金水といった「5行」に基づいています。

占った日と月に関係している5行と、サイコロを振って出した目から導き出した卦(か)との関係性から結果を出します。

そこには十二支なども関わっています。

歴史が長く、2000年以上前に中国で作られました。

日本へは、江戸時代に伝わっています。

日本人の占い師もいますが中には、中国人や台湾人といった外国人の占い師も人気があります。

断易占いはロジカルな分析を好む人に向いている

断易占いは、吉凶がはっきりと出ます。

そして、その吉凶があらわれる時期もわかります。

なので明確な結果を求めている人には向いているでしょう。

また、象数模式という複雑な理論を組み合わせているので、ロジカルな分析に基づいた結果が出ます。

そういった学術的なものが好きな人であれば、試してみる価値はあるでしょう。

質問の内容はどんなものでもOK。

さまざまなジャンルに対応しています。

興味がある方は、プロの占い師に鑑定を依頼してみましょう。

[おみくじ]について知らない人のための情報

おみくじについて
おみくじとは、主に神社などで運勢を占うときにひくものです。

今から数千年前に、その起源となるものが作られました。

材質は紙であることがほとんど。

書かれてある内容は、神社へ参拝する人へ向けた神仏からのメッセージとして受け入れられます。

新年の運勢を占うものとして、初詣のときに買う人がたくさんいます。

一番縁起がいいのが大吉で、一番悪いのは大凶ですが、神社によって多少異なる場合もあります。

納得が行くまで何度もひきなおすのはタブー。

【一般的なおみくじの順番・順位】

大吉 ⇒ 吉 ⇒ 中吉 ⇒ 小吉 ⇒ 凶(※良い⇒悪いの順番です)
神社によっては「末吉」や「大凶」などの種類を増やして細分化していることもあります。

書かれてある内容の主なものは、

  • 恋愛運
  • 転居について
  • 出産について
  • 病気について
  • 旅行運

などでしょう。

それぞれの項目ごとのアドバイスが書いてあります。

おみくじをひいて運気を上げるには参拝を

いいおみくじをひいたら、紙をサイフなどに入れて持ち歩きましょう。

悪いおみくじをひいたら、神社の木の枝に結びましょう。

これで凶を吉に変えることができます。

神社を訪れたら、占うだけではなく参拝もしましょう。

そうすることで、総合的な運気を上げることができます。

直感に頼るのではなく、分析的に未来を占ってみたいという方は、これらを試してみるのもいいでしょう。

しかし結果が出たあと、行動するかしないかの選択権は常に自分にあります。

自分自身で判断し行動できるようにするための1つのツールとして、利用するようにしましょう。